コラム|札幌西区八軒で歯科をお探しの方は【えのもと歯科】まで

〒063-0845
北海道札幌市西区八軒5条西9丁目4-21 NEO bldg.八軒

011-688-8183

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

:土日のみ午後14:30~17:00
休診日:木曜・祝日

えのもと歯科

〒063-0845 北海道札幌市西区八軒5条西9丁目4-21 NEO bldg.八軒
札幌西区八軒・えのもと歯科

コラムColumn

コラムColumn

歯周病を放置すると起こること

こんにちは。
札幌西区八軒で土曜・日曜も診療を行う、「えのもと歯科」です。

 

歯周病は歯ぐきから血が出る病気だと思ってはいませんか?
実際には、歯周病によって歯と歯ぐきに色々なことが起こります。
今回は、歯周病を放置すると起こる症状についてお話しします。

 

歯周病の症状

歯周病はお口の細菌による感染症です。
進行するとともに次のようなさまざまな症状が起こります。

 

  • 腫れ

歯周病になって最初に見られるのは、歯ぐきの炎症によって起こる腫れです。
炎症が悪化するにつれて、歯ぐきの腫れは大きくなり、ピンク色だった歯ぐきは赤く変わっていきます。

 

  • 出血

炎症が悪化するとともに、歯ぐきからの出血が始まります。最初は歯を磨くと出血するだけだったのが、悪化すると何もしなくても出血するようになります。

 

  • 口臭

炎症が進み、お口の中に細菌が増えて不衛生な状態になると、口臭が強くなっていきます。

 

  • 歯のすき間が増える

歯周病が悪化すると歯ぐきが縮むため、歯と歯のつけ根にすき間ができるようになります。

 

  • 歯が長くなる

歯周病によって歯ぐきが縮むと、歯が長くなったように見えます。

 

  • 歯がグラつく

歯を支える歯槽骨は、歯周病が進行するにつれて歯周病菌に破壊されていきます。破壊が進むと、やがて歯を支えきれなくなり、歯がグラつくようになります。

 

  • 歯が抜ける

歯周病菌が歯槽骨を破壊し続けていくと、歯が支えられなくなり、グラついていた歯は抜けてしまいます。

 

  • 全身の病気を引き起こす

歯周病菌は血管の中にも入り込み、全身に広がっていきます。その影響で、全身に様々な病気を引き起こします。
全身疾患との関係については、次回にお話しします。

 

歯周病は早期発見・早期治療を

歯周病菌は悪化すればするほど、さまざまな症状が起こることがおわかりいただけたでしょうか?
歯周病によってお口だけでなく全身に悪い影響が及ばないようにするためには、予防と少しでも早い時期からの発見・治療が必要です。

 

当院の院長は、日本歯周病学会の歯周病専門医です。
小さな症状から重い症状まで、その時の状態に適した治療をご提案いたします。
お口のことで気になることがありましたら、お早めにご来院ください。

榎本拓哉 院長
榎本拓哉 院長
歯学博士

榎本拓哉 院長 歯学博士

2009年 北海道医療大学 歯学部 卒業。
昭和大学大学院にて歯周病を専攻し、2017年に日本歯周病学会
専門医を取得。
首都圏の歯科医院にて勤務医を経験。
2019年4月 札幌市にてえのもと歯科
開院。

医院名:えのもと歯科
所在地: 〒063-0845 北海道札幌市西区八軒5条西9丁目4-21
NEO bldg.八軒
 

ページトップへ