コラム|西区八軒で歯科をお探しの方は【えのもと歯科】まで

〒063-0845
北海道札幌市西区八軒5条西9丁目4-21 NEO bldg.八軒

011-688-8183

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

:土日のみ午後14:30~17:00
休診日:木曜・祝日

えのもと歯科

〒063-0845 北海道札幌市西区八軒5条西9丁目4-21 NEO bldg.八軒
西区八軒・えのもと歯科

コラムColumn

コラムColumn

口内炎や顎関節症って何科を受診すればいいの?

皆さんこんにちは。

えのもと歯科です。

 

お口の中のデキモノである口内炎は、痛みなどの不快症状が強い場合、日常生活にも支障をきたすことがありますよね。

 

また、顎関節症というのも、多くの人がその症状に悩まされている病気だけに、できるだけ早く改善したいものかと思います。

 

けれども、そんな時は何科を受診したら良いのか迷いませんか?

 

歯医者は歯の病気以外にも治療できる

歯医者というのは、むし歯や歯周病などを治療するのが一般的です。

 

それに加えて、矯正歯科や小児歯科など、それなりに専門領域が分かれていくのはご存知かと思いますが、いずれも歯に関わる治療であることがほとんどです。

 

そんな中、歯医者には「口腔外科」という少し特殊な診療科も存在しています。

 

口腔外科では、口腔がんや口腔領域の外傷、口腔粘膜疾患の治療なども行います。

 

これらは一見すると、医者が治療を行う領域のように思えますが、実は口腔外科医が担当するのです。

 

当院の口腔外科の治療

当院にも、口腔外科が設置されており、一般歯科では対応できないようなお口の病気の治療を行っております。

 

具体的には、冒頭でも述べたような口内炎や顎関節症ですね。

 

さらに、転倒した際のお口周りの外傷にも対応しております。

 

ですから、むし歯や歯周病だけでなく、口腔内や口腔周囲に関する異常が認められたら、まずは当院までご相談ください。

 

適切な処置を施すとともに、必要に応じて大学病院などへの紹介も行っております。

 

まとめ

このように、口内炎や顎関節症など、口腔粘膜や口腔周囲の組織の異常を診ることができるのが歯科口腔外科です。

 

とくに、お口周りの外傷に関しては急を要することも少なくないため、予めどこの診療科を受診すれば良いのか、知っておくことが大切です。

 

歯医者は、歯と歯茎だけではなく、舌、頬、顎、口腔粘膜の異常を改善することもできますので、これらの組織に気になる点が現れたら、すぐに当院までご相談ください。

榎本拓哉 院長
榎本拓哉 院長
歯学博士

榎本拓哉 院長 歯学博士

2009年 北海道医療大学 歯学部 卒業。
昭和大学大学院にて歯周病を専攻し、2017年に日本歯周病学会
専門医を取得。
首都圏の歯科医院にて勤務医を経験。
2019年4月 札幌市にてえのもと歯科
開院。

医院名:えのもと歯科
所在地: 〒063-0845 北海道札幌市西区八軒5条西9丁目4-21
NEO bldg.八軒
 

ページトップへ