コラム|西区八軒で歯科をお探しの方は【えのもと歯科】まで

〒063-0845
北海道札幌市西区八軒5条西9丁目4-21 NEO bldg.八軒

011-688-8183

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

:土日のみ午後14:30~17:00
休診日:木曜・祝日

えのもと歯科

〒063-0845 北海道札幌市西区八軒5条西9丁目4-21 NEO bldg.八軒
西区八軒・えのもと歯科

コラムColumn

コラムColumn

フロスや歯間ブラシを使うことの大切さ

皆さんこんにちは。

えのもと歯科です。

 

むし歯や歯周病というのは、お口の中で細菌が繁殖することで発症する病気です。

 

その温床となるのは、皆さんもご存知の歯垢や歯石ですよね。

 

歯の表面に歯垢や歯石が堆積していくことで、むし歯菌や歯周病菌がどんどん繁殖していくのです。

 

そのため、むし歯や歯周病を予防するためには、歯を清潔に保つことが何より重要となるのです。

 

プラークフリーな状態を作る

歯石は歯垢が石灰化したものなので、むし歯や歯周病を予防するためには、その根本的な原因である歯垢を堆積させないことが重要です。

 

つまり、お口の中をプラークフリーな状態にすることを優先しましょう。

 

磨き残しが多い部位を意識する

歯の表面というのは、それほどていねいに磨かなくても汚れを落とせるものです。

 

実際、定期検診などで歯垢の染め出し検査を行っても、前歯の表側にべったりと歯垢が形成されていることはそれほど多くはありません。

 

一方、どんなに一生懸命歯磨きをしている人でも、歯と歯の間には磨き残しが出てくるものです。

 

なぜなら、歯間部というのは通常の歯ブラシだけできれいに磨くのは不可能に近いからです。

 

そこで有用なのがデンタルフロスや歯間ブラシですね。

 

補助的清掃器具で歯間部の汚れを除去

デンタルフロスや歯間ブラシというのは、歯と歯の間の汚れをとるために存在する補助的清掃器具です。

 

これらを活用することで、磨き残しの多い歯間部の汚れも一掃することができます。

 

逆に言うと、これらを使用しないオーラルケアでは、プラークフリーな状態をつくることは困難といえます。

 

デンタルフロスや歯間ブラシというのは、それくらい重要なものなのです。

 

まとめ

このように、むし歯や歯周病をしっかりと予防するのであれば、歯ブラシによるブラッシングに加え、補助的清掃器具を用いたフロッシングも実践していきましょう。

 

フロスの扱い方には、ちょっとしたコツが必要となるため、まずは当院までご相談ください。

 

定期検診などに来ていただければ、ブラッシング指導の際にフロス扱い方についてもお伝えいたします。

 

ページトップへ